ナゾ148

正しい計算


青の通り(左の大木)
ここにマッチ棒で作った計算式がある。
ローマ数字としてまともに読むと、1+11=10という意味になる。

この数式を正しく成立させるためには最低何本のマッチ棒を動かさなければならないだろう。

ヒント1
ヒント2
ヒント3
スペシャルヒント
回答













ヒント1
ローマ数字の読み方。
「I」が1。「II」「III」で2、3となるんだけど、「IIII」が4ではなくて、「IV」が4。
「V」が5だから、それの1つ前って意味なんだね。
「VI」「VII」、「VIII」で6、7、8。
「IX」「X」「XI」で、9、10、11だ。
▲上に戻る














ヒント2
ヒント1をよく理解して、物事をさまざまな視点から見られる人なら答はわかる。
なるべく手間をはぶいて考えよう!
▲上に戻る














ヒント3
ヒント2でも言っているように、ものごとを「さまざまな方向」から見るということは大切だ。
▲上に戻る














スペシャルヒント
視点をぐるりと反対に。

…裏から見てはいけない。
上下を逆さにして、その式を計算してごらん。
あれ? 成立しているよ。
▲上に戻る














回答
答えは「0本」だ。
▲上に戻る

ナゾ一覧
最後の時間旅行攻略
(C)ゲーム攻略 ゲームの匠