消えた彫刻

アイテム入手場所
回答














アイテム入手場所
■執事
ナゾ100

■当主
ナゾ075

■御曹司
ナゾ073

■コック
ナゾ135

■ネコ
ナゾ108

■庭師
ナゾ098

■腕時計
ナゾ085

■家庭教師
ナゾ138

■スコップ
ナゾ053

■お手伝い
ナゾ123

■フォーク
ナゾ080

■彫刻
ナゾ117
▲上に戻る














回答
ある日、私の友人である旧家の当主から解決してほしい事件があるという連絡があった。
私は、さっそく彼の家を訪れた。
入り口では黒づくめの「執事」が出迎えてくれた。

「当主」によると、暖炉の上の「彫刻」が消えうせたという。
「この屋敷にはあまり人の出入りがないんだ。 きっと屋敷の誰かが隠したんだよ」
「御曹司」が扉の影でささやいた。
彼は自分の勉強部屋で情報を話すと言いだした。

そこには先客がいた。
「あ、坊ちゃま! 実は…ああ、お客様もご一緒でしたか。 ち、ちょっと失礼します」
「コック」は部屋を出ていった。
「あの人は…」
「あの帽子でわかるとおりさ。 僕に何か用があったのかな?」

「おや、もう一人いるようだね」
「ニャア」…「ネコ」がいた。
「ふふ。 彼女は我が家の女王様さ。 …おっといけない勉強の時間だ。 話は後でね」
「一人で勉強なのかい?」
「まさか! 家庭教師がいるんだ。 ちょびヒゲのね」

私は食堂へと行ってみた。 そこにいた「庭師」は急に現れた私に驚き、「腕時計」を落とした。
「お、お客様でしたか。 おどかさないでくださいよ」

「いま落とした「腕時計」は、ああなたのものですか?」
「い、いえ坊ちゃまのものですよ。 庭で仕事中に見つけたので返そうと思って」
「なんで食堂に?」
「坊ちゃまは食いしんぼですから。 いつもここにいるんですよ」

広間から見えていた庭に出てみると、そこには「家庭教師」がいた。
彼はそこの「スコップ」を見ながら、「これの持ち主を探しているんですよ。 青いズボンを履いている「庭師」ですがね」と言った。

そこに「お手伝い」がやってきた。
「あら、ここでしたのね。 お客様、ご主人様がお呼びです」
「わかりました」
「あなたは、お坊ちゃまのお勉強の時間ですよ」
「家庭教師」は慌てた。
「おや、もうそんな時間か」

「ニャア」…また「ネコ」だ。
「あら、足が泥だらけじゃないの! また庭に出たのね!」
「お手伝い」はため息をついた。
「庭に?」
「ええ。 屋敷の人は知らないんですけど、穴を掘って大事なものを隠すんです。 犬みたい」

泥だらけの足跡のそばには銀色の「フォーク」が落ちていた。
「これは…そうか、勉強部屋の「コック」は、これがなくなって探していたんだな」

消えた「彫刻」の詳細を「当主」に聞いてみた。
「それはピカピカ光るものですか」
「そうだね。 小さな女神像だが、見事な銀細工なのさ」
「なるほど。 …どうやら事件の真相がわかりましたよ」
「本当かね! さすがだな」

「当主」が広間にみんなを集め、私は真相を話しはじめた。
「彫刻」がなくなった後に、庭で「庭師」がある物を見つけ、「御曹司」がイタズラしたと考えました。
穴を掘った跡に、「御曹司」「腕時計」を見つけたのです」

「家庭教師」も疑っていました。
「御曹司」の勉強部屋の床に泥がついていたのを見て、何かが起きていると感じます。
彼は証拠を見つけようと庭に出ていましたね。 よく見れば、あの泥は「ネコ」の足跡だとわかったはずですが」

「コック」も疑いを持っていましたが、それは「彫刻」のことではなく、なくなった「フォーク」を気にしていたのです。
彼は、いつも食堂にいすわる「御曹司」が、イタズラで持っていったと考えたのです」

「ひといや! みんな僕を疑っていたのか! 「彫刻」なんて隠さないし、「スコップ」なんか使ってないし、人に黙って「フォーク」なんか持ち出さないよ!」
「御曹司」は怒り出した。

「みんな、君をかばおうとしていたんだよ」
「御曹司」はみんなを見ました。
「う、うーん。 そうなのかなあ」
「当主」は優しく言った。
「この屋敷に悪い人はいないよ」
「その通りです。 本当の犯人はあそこにいます」
▲上に戻る

ふしぎなえほん
最後の時間旅行攻略
(C)ゲーム攻略 ゲームの匠